2013年06月09日

惑星移住@ 宇宙レスキュー隊の実態

事件の真相にだれも気付いていない

ネットの新刊案内にあった、「リッキー・ソレルズ」と「スティーブンビル」という文字に目がとまりました。
オッ! いよいよこの事件が注目を浴びるかなという期待感を感じさせるものでした。

本は『マスメディア・政府機関が死に物狂いで隠蔽する秘密の話』という興味を引きそうなタイトルが付けられ、オリバー・ストーン監督の映画「JFK」の原作者である陰謀論作家のジム・マースが書いています。

しかし18項もある章の一つの中で、当時報道された概要をさらっと舐める程度の記載でしたから、この本だけでは一般の人が状況を把握するのは難しいと思いました。
それでも、本のタイトルにふさわしく、テキサスの現地では、目撃者たちに対し、ひどい個人攻撃のいやがらせが軍当局から行われていたことが述べられています。

巨大UFOの構造が鮮明に見られていた

2008年の1月1日にリッキー・ソレルズによる最初の目撃事件がテキサス州のダブリンで発生しました。
そして1月8日にも近くのセルデンという町で信頼度の高い目撃事件が起きたことで通信社が世界的に報道し、一躍注目を浴びました。

TS3V0302.jpg
事件が発生したテキサス州中部

UFOの出現は1月いっぱい続き、テキサス中部地域で数百人に上る目撃者があったといわれます。地元のテレビだけでなく、CNN、CBC、ポスト紙、トリビューン紙など全国メディアにニュースとして取り上げられ、世界最大の民間UFO調査機関MUFON(相互UFOネットワーク)も大掛かりな調査を開始していました。

PAP_0374.JPG
地元テレビ局が放送した再現CG映像

日本でもスポーツ紙が取り上げ、ネットでも多くの現地ニュー映像が掲載されていました。
この事件は「惑星規模のレスキュー部隊…」として私は『宇宙人はなぜ地球に来たのか』(P208)に記載しています。

HI350068.JPG
事件を報道した日本の新聞

しかしそれ以降も、事件のレポートをさらに詳細に分析してみると、驚くような内容が明らかになってきました。

この結果を2012年8月に関西テレビの「マルコポロリ」という番組で、矢追さんと出演した時に報告しましたが、本放送ではカットされました。
ところが、視聴者のあまりの反響の多さから、翌週に急きょカットされた部分を放送することになったということがありました。

130307_1113~01.jpg
関西テレビ放送画面

同じようなことが年末の超常特番でも発生し、NASAへのアメリカ取材の提案はアメリカ側から拒否されたあげく、なおもテキサス事件取材をいい張った私のコーナーは、本放送ではカットされて、局のホームページに正月明けに一週間だけの動画掲載となってしまったことを皆さんも覚えておられることでしょう。

結局この事件は、ジム・マースではありませんが、「当局が死に物狂いで隠蔽する」テーマなのかもしれません。

思い出すのは、奇しくも関西テレビ放送後の8月下旬に、人類初の月着陸を果たしたアポロ11号のニール・アームストロング船長が亡くなったことです。
彼が見た、月面着陸地点の周りにいたいくつもの巨大なUFOや、月面上にある人工的建造物について公言するならば、彼の「妻や子供および孫はすべて死ぬことになる」と当局から脅迫されていたことが、情報公開で関係者が証言しているのです。

ですから、ここで報告しようとしているテキサス州で起きたスティーブンビルの目撃事件は、現地の目撃者たちの多くは、口外することに対して恐怖を感じるほどの軍当局からの抑圧があって匿名者が大半だったといわれ、状況の総合的な把握は困難をきわめ、それ以降の報道は途絶えていましたが、私自身が新たに情報の詳細な分析によって得られた展望を報告していきたいと思います。

posted by ニラサワ at 23:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宇宙船を開発する技術を持たないNASAや軍が長年に渡り情報を隠蔽できるほどの情報管理能力があるとするなら、
なぜ、宇宙船を開発する技術を持つエイリアンは、多数の地球の人間に目撃されてしまうほど情報管理能力がないのですか。
Posted by 松田 at 2013年06月12日 08:36
エイリアンは地球上のマスメディアに対する影響力をもっていません。また、多くの人々に目撃されたのは、初めから目撃させようという意図があってのことでしょう。
なお、米軍に属するある人々は特殊な宇宙船を既に開発しています。
Posted by at 2013年06月12日 12:49
つまり、エイリアンは地球の一般人に存在を知られたくないわけではない。
一方、地球のメディアをコントロールできる側は、一般人にエイリアンの存在を知られたくない、ということですか。なるほど。
エイリアンは地球に対して何らかの目的を持ち、地球に比べ桁外れの軍事力を持っているにも関わらず、今だに地球のメディアにすら影響を与えられていない、と。
そう考えると、軍事力が対外交渉力に全く活かされてないわけですから、不自然に思えますが。
Posted by 松田 at 2013年06月13日 23:40
以上の論旨を解くために著書で説明したわけですが、要は宇宙開発の法的基礎になっている宇宙法についてお読みいただければ理解できると思います。
『宇宙人はなぜ地球に来たのか』94ページ参照。
Posted by ニラサワ at 2013年06月14日 11:58
韮沢潤一郎さま

たいへんご無沙汰しております。
いつもご活躍のご様子を嬉しく拝見しています。
十菱麟先生の最晩年にご指導を受けておりました、松嶌です。
奇しきご縁で、私の徳島の寺にて先生の御遺骨(の一部)と御位牌をお預かりしています。

さて、今回お知らせしたく思いましたのは、その徳島県剣山で、友人たちが剱神社を中心に御神事の企画を立てて準備を進めていることです。
詳しくは私が昨年9月から書き始めた拙いブログをご覧ください:
http://blogs.yahoo.co.jp/senkoin2002/30851427.html

“ユダヤ拠点説”、“邪馬台国阿波説”、そして“高天原・出雲阿波説”はすでにご承知の通りと思います。
普段は大阪にいて、ここ数年徳島に入ることが多くなった機会に歩くうちに、それらの“眉唾”だった説を確信するに至りました。

以上、ご参考までに。

麟先生はお名前を「じゅんちゃん」と口にされるとき、いつもとても嬉しそうでした。
その記憶に甘えて、このような突然の書き込みをさせていただきますこと、どうぞご容赦ください。

貴社の増々のご発展をお祈り申し上げます。
不二
Posted by 松嶌 徹 at 2013年06月18日 09:40
韮沢潤一郎さま

たいへんご無沙汰しております。
いつもご活躍のご様子を嬉しく拝見しています。
十菱麟先生の最晩年にご指導を受けておりました、松嶌です。
奇しきご縁で、私の徳島の寺にて先生の御遺骨(の一部)と御位牌をお預かりしています。

さて、今回お知らせしたく思いましたのは、その徳島県剣山で、友人たちが剱神社を中心に御神事の企画を立てて準備を進めていることです。
詳しくは私が昨年9月から書き始めた拙いブログをご覧ください:
http://blogs.yahoo.co.jp/senkoin2002/30851427.html

“ユダヤ拠点説”、“邪馬台国阿波説”、そして“高天原・出雲阿波説”はすでにご承知の通りと思います。
普段は大阪にいて、ここ数年徳島に入ることが多くなった機会に歩くうちに、それらの“眉唾”だった説を確信するに至りました。

以上、ご参考までに。

麟先生はお名前を「じゅんちゃん」と口にされるとき、いつもとても嬉しそうでした。
その記憶に甘えて、このような突然の書き込みをさせていただきますこと、どうぞご容赦ください。

貴社の増々のご発展をお祈り申し上げます。
不二
Posted by 松嶌 徹 at 2013年06月18日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック