2011年08月14日

原発はなぜ推進されてきたのか

久しぶりに大阪のテレビ局で出演することになり、ようやく核とUFO問題を話す機会ができたので、引き受けたのですが、これが思わぬ展開となってしまいました。

この局では以前、やしきたかじんさんやみやね屋さんの番組に出演し、けっこう好評だったことがありました。
参考のため、数年前に放送された関西の別の番組の写真を掲載してみます。

TS3V0029.jpg
(左が私で一番右がみやね屋さん)

TS3V0026.jpg
(左から高坂和導氏、矢追純一氏、韮澤潤一郎。
ちなみに、高坂氏はこの出演後しばらくして亡くなられましたが、今年新宿で撮られたyoutube動画を持ちあげているあの愛の集団を日本に初めて持ち込んだ人でもあります。)

今回はその日、いよいよ収録となり、その芸能バラエティー番組のスタジオで、私がUFOと核の問題をぶちまくった挙句、1954年に「宇宙人が地球の主要国に核の使用を警告した」問題を討議したといわれるジュネーブ会議の話をし、さらに次のようなテーマを取り上げました。

・真珠湾攻撃の直後にロサンゼルスで起きたアメリカ陸軍によるUFO攻撃は、アメリカが核分裂連鎖実験に成功した年だった…
・天文学者セドリック・アリンガム事件は、ジュネーブ会議の直前に起き、宇宙人は核の使用を気にしていた…
チェルノブイリ事故では、UFOが出現し、多くのロシア人が目撃した…

それらを具体的に力説していたら、女子アナさんが何かモジモジしだし、女性タレントさんが興味がないと言って退席したのを皮切りに、十人ほどいた芸人さんや芸能コメンテーター全員がスタジオから出て行ってしまいました。一人残った司会の東野氏が擁護してくれましたが、彼もしどろもどろ…
番組はそれで終わりになりました。

まあ、事の成り行きと言ってしまえばそれまでですが、どうも腑に落ちない感じはぬぐいきれませんでした。
後日、送ってもらった同録画像を見ましたら、番組全体はまじめでよくできているのですが、核問題の部分が全く抜け落ちていました。

今回、私がゲスト出演した芸能ワイドショー「マルコポロリ」は、局に確認しましたところ、ネット局の放送日は以下のようになっているとのことです。いずれも放送時間は約一時間です。

・テレビ西日本(福岡) 8/15(月) 深夜1:00〜
・さくらんぼテレビ(秋田) 9/10(土) 16:00〜
・福島テレビ 8/19(金) 深夜1:10〜
・新潟総合テレビ 9/3(土) 深夜1:35〜

先週、東京に戻ってから、あるテレビのワイドショーで、芸能プロダクションでは、所属タレントに反原発発言をしないようにというお達しを出しており、発言した芸人などは仕事を干されているということを報道していたので、なるほどと思いました。今回も、私が核の発言をしたとき、「それは…」という反応が何度かあった事を思い出しました。

このようにマスコミに影響を与えている圧力は、さまざまなところで論議されていますが、原発を推進する力の裏には、原発の燃料であるウラン所有の必要性が、核兵器製造につながるからのようです。そういう抑止力を日本に温存させるためには核燃料リサイクル施設を持つことが国際法上あるようで、結局は地球上の民族や国家間の相克がその原因ということになります。

このような実情に、テレビ出演というものを通して直面しましたので、これからどうなっていくのかについて、次回で取り上げてみたいと思います。
posted by ニラサワ at 18:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これが今のテレビ業界の現状かもしれませんね。もう一度そんなこと言ってられない何かが起こるかもしれませんね。一方政界では管首相が脱原発に向けて発言をしているようですね。
Posted by 宇宙人 at 2011年08月14日 20:01
さくらんぼテレビは山形ですよ〜><
Posted by あまはげ at 2011年08月16日 11:26
悲しいな。私は関東なので見れませんが
どんなタレントなのか気になる
Posted by at 2011年08月16日 20:48
テレビの最大スポンサーが電気会社だということから考えると、番組スタッフにも出演す
る芸能人にも圧力がかかるのは当然かもしれ
ませんね・・・
彼らの中にも何とかしたい・・・と思う人は存在すると思いますが難しいのでしょうね。

でも、ニラサワさんが投じた核とUFO問題
は、確実に波紋を広げることでしょう!
Posted by 伊藤和 at 2011年08月24日 00:56
テレビの最大スポンサーが電気会社だと
いうことから考えると、番組スタッフに
も出演する芸能人にも圧力がかかるのは
当然かもしれませんね・・・
彼らの中にも何とかしたい・・・と思う
人は存在すると思いますが難しいのでし
ょうね。

でも、ニラサワさんが投じた核とUFO
問題は確実に波紋を広げることでしょう!
Posted by 伊藤和 at 2011年08月24日 00:59
毎度出てくると思いますが原発推進は簡単な仕組みだと思います、
しかし原発の設置場所は構造上、海岸線になってしまい、隠れている活断層も後から発見されて『活断層があるだけでも地面の傾斜という致命的な問題があります』永久停止になる原発が増えると考えます。


第一 原発を受け入れるのは企業の少ない市町村⇒住民を雇用できる可能性

第二 原発受け入れの交付金制度とやはり
一部の団体・一部の方々同士で原発の推進が合意して多額の金銭操作の可能性も考えられます。
原発資金として会計経常すれば、金銭操作も合法化されてしまいます。

第三 震災前『震災が無かったら』原発を受け入れた市町村のアピールにもつながった。


Posted by kazu at 2011年10月14日 02:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック