2011年06月23日

重力エネルギーの素粒子はまだ確認されていない

「悟り」つまり意識の超時空性による思考の現象化は、素粒子論に通ずる<その2>

UFOテクノロジーは意識がコントロールしている


航空自衛隊のジェット戦闘機が三陸沖などで遭遇したUFOは、パイロットの証言にあるようにニュートン物理学の慣性の法則を全く無視したような飛行を行っていましたので、大学の物理学の名誉教授である大槻先生といえども、とても理解できない存在であったわけです。

最先端の素粒子理論では、まだ重力子として仮定されているグラビトンは、確認されていませんから、地球の科学ではまだ認められていません。

しかし、現実には明らかに私たちの地球の大気圏内に重力をコントロールしたエイリアンクラフトが飛来してきていることは明らかです。
認められないから無いというのは、太陽や星が地球を回っているように見えるから、地球が宇宙の中心だといっているのと同じことでしょう。

素粒子そのものの存在確認は現在世界各国において進行中で、その実験に先立つ量子力学では、「質量場を形成するビッグス粒子が真空中を満たしている」とされています。

数学的な素粒子論による追究が現代科学の範疇にありますが、その原理原則は人間の思考にも及ぶものと考えられます。
つまりさまざまな現象は数理方程式に置き換えられますが、人はその状態を行動の中でとらえて処理していきます。
そして、その両者はより深い根本的原理に進んで行こうとしています。

宇宙が「無」からビッグバンによって生じ、太陽も惑星も形成されては死に絶える変遷の中で、人間も、この度の大震災の中から、「無常」を実感し、宗教的な予言も「世の終わり」的な教えを説きます。

人間はだれもがこの宇宙の住人であることに変わりなく、そのような天体の大変動さえ克服する必要があることを学ばなければなりません。そのためには、宇宙のすべての現象を理解することになるのです。

つまり直感的に思考は宇宙に直結していますから、人間の思考は意識を通じて宇宙と一体になっていくのです。
posted by ニラサワ at 16:41| Comment(2) | TrackBack(1) | 地球外文明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人が物を視認すると言うことは光が物に当たって反射するからですよね。UFOは光を反射しないもしくは通過していくのではないのでしょうか。ブラックホールは重力のため光が脱出できないと言いますが反重力はそれを応用した何かが隠されているのではないのでしょうか。
Posted by 宇宙人 at 2011年06月25日 01:15
地球における最先端の理論物理学では、宇宙に存在する全ての物質を生み出したものが負の重力とされていますが、正しくは重力が生み出したというよりも、物質と重力は元々は同じものということです。
物質は重力子から生まれ重力子に戻る性質を持っています。
素粒子よりも更に桁違いに小さな粒子である重力子(仮称)は次元の網目を自由に通過できる性質を持っています
例えば光子を構成する重力子(重力子とは仮称であり地球には現在言い表す固有名詞は見当たらない)は次元の網目を通れますが、この粒子の集合体である光子は大きすぎて網目を通過できません。
ビッグバーンは次元の壁に開いた極小の穴、あるいは網目から噴き出した地球でいうところの「重力子」の爆発的噴出だったのです。
そして重力子は己の持つ本来の性質によって多くのタイプの素粒子として再構成されました。そして更にこれらの素粒子は組み合わさり様々な原子となり物質が作られていったのです。
我々は「拡散」が素粒子や物質を生み出す反面「集中」が物質を重力子に還元することを発見しました。そして重力子が集中する場所こそがブラックホールに他なりません。
重力が極大になった状態であるブラックホール内では、光も物質もすべて重力子に戻ってしまいます。そしてその中心では重力子が、ある網目を選択し集中して流れ出しています。地球人の感覚では理解できないかもしれませんが、重力子が流れ出た先は全く同じ空間です。地球ではブラックホールに対してホワイトホールと呼ばれています。
ホワイトホールから放出された重力子は拡散によって様々な物質に姿を変えてゆくのです。
ブラックホールは「宇宙のリサイクル工場」なのです。
我々の乗り物は重力をコントロールして移動しているといわれますが、それはある程度正しいのですが正確な表現ではありません。
正しくは空間を満たしている重力子の密度をコントロールすることで空間を縮めて移動しています。
3次元的にどれほど離れた場所でもそれぞれの間を構成する空間を満たす重力子(地球でいう)を0にしてしまえば移動は瞬間です。
実際移動したという感覚がありません。加速も全く感じないからです。乗ってみればわかりますが、周りの景色が猛スピードで移動しているという感じです。

今後の科学の正しい発展に少しでもお役にたてば嬉しいです。

追伸

我々の価値観ではコンピューターが発明されれば、生活水準を変えることなく長時間の煩雑な労働から解放されることで、人類の芸術性や精神性が高まると思っていました。
しかし残念ながら貧富の差が広がり、心を養う余裕は少なくなりました。富めるものはその富を使って更なる富を追求し、貧しき者は技術革新の波から取り残され富める者に搾取され、更に困窮することになりました。
地球に存在する生命体で精神性が最も低い種は「人間」であることは本当に憐れむべき事実です。
人類は止まることのない我欲が自らを滅ぼす元凶になることを学ぶ必要があります。


 


Posted by ある宇宙人 at 2012年03月08日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

今までとこれから(真偽不明)
Excerpt: 2011.3.19記 修正・削除される可能性あり。 以下に書かれていることは全て妄想です ユングにかぶれて発狂したオカルトマニアの妄言(多分黒歴史?)なので、内
Weblog: 占い師の囁き
Tracked: 2011-06-27 13:55