2011年05月26日

宇宙人のテクノロジーとUFO

予言やUFO問題を扱う場合、それらの現象が、既存の知識で判断できない部分が多く、個々の事件を断片的に取り上げても、謎を残したまま納得いかずに終わってしまいます。

たとえば、今回の福島原発の放射能拡散を抑止するためにUFOが現れていたという事件を追求するに際しても、まず、その時の写真はあるのかとの質問がありました。
もっともな質問ですが、UFO写真については、一昨日もテレビ番組で最近のスパイラルUFOや、火球誤認映像、エルサレム・ドームCG画像などが取り上げられ、正体が暴かれていましたが、フランスのUFOスポットでの出現映像は、解明に至りませんでした。
解明されれば、ホッとし、スッキリするわけですが、一方、本物映像の場合は謎のまま、というパターンになりがちです。

どちらかはっきりして、納得したいという気持ちになり、私たちの科学知識では解明できない技術が伴う場合、つまり本物の地球外宇宙船の場合は、あせって否定することになりかねません。
あるいは、空想的なファンタジーや、場合によっては魔界的なドグマに発展していきかねません。

このような常識で処理しかねる状況が発生することになるため、前回提示したように、チャーチルがアイゼンハワーに、安全のためUFO問題を隠蔽するよう要請したのでしょう。

先進宇宙人たちが使う未知の科学的技術に対し、オカルト・テクノロジーという漠然とした言い方で、私は今回の著書に記述しましたが、さいわい最近、最先端の素粒子物理学が、この辺に近づいてきたように思われますので、関連性を探ってみたいと思います。

posted by ニラサワ at 15:43| Comment(3) | TrackBack(0) | UFO・宇宙人遭遇事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本物のUFOの画像やビデオはどうやらテレビでは殆ど流されなくなったと感じています。今更言うのは何ですが、最先端技術の結晶であるUFOは、ある意味では軍事機密レベルの代物かも知れませんね!
Posted by 宇宙・超常現象 at 2011年05月27日 11:34
UFO研究者は何人かいますがニセモノはニセモノとばっさり斬りさるニラサワさんは流石です。
Posted by 宇宙人 at 2011年05月29日 19:53
こんにちは 初めまして。
超常現象など不思議なことに関心がある、一老人です。
毎年、年末恒例の「TVタックル」を第一回からとても楽しみに録画までして拝見させて頂いています。
約10年ほど前に、先生のUFOの書物も少し読ませていただきました。
私のこのブログは、メインは俳句のブログですが、仏教や精神世界の事も書いていたところ、いつの間にか「宇宙人??」
プレアデス星人が住み着きました。
魂の交信によりSF小説みたいなものも掲載しています。以上何卒よろしくねー

俳人 祐山
プレアデス星人 ティノ
Posted by 「言葉の寄木細工」祐山 at 2011年06月05日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。